大損してもやるべき!FXの確定申告

FXをされているみなさん、確定申告はきちんとされていますか?

無申告でいたために、いきなり大きな金額の追加課税されてあたふたしたというケースがありますので、注意してください。

まず義務として、毎年1月1日~12月31日までの1年間に生じた所得を、翌年の2月16日から3月15日までの間に確定申告を行い、所得税を納付を行いますす。

しかし、期限内に申告を忘れてしまっても、税務署の調査を受ける前に自主的に期限後申告をした場合は、故意の無申告ではないとみなされます。

5%の割合を乗じて計算した金額に軽減されます。

無申告加算税は、納付すべき税額に対して、50万円までは15%、50万円を超える部分は20%の割合を乗じての計算で徴収されます。

個人によるFXの利益は雑所得に分類されます。
対象となる個人は、給与所得のほかの所得が20万円を超えた場合、給与所得がなく38万円を超える利益を得た場合です。

係る経費、つまり、専用のPCとか通信費、学習会への参加費などを経費として、利益から引くことができます。

法人ではほかの利益と合算された上で課税所得が算定され、法人税の対象となります。
損失があった場合に確定申告をすることで節税対策にもなります。

利益から、取引に関する経費を引くことができます。
国税庁のホームページから、画像での解説がありますので、それを見ながら申告書を作成することをおすすめします。

もしくは、直接、最寄の税務署にご相談ください。

このページの先頭へ